早いうちからグローバル感覚を養おう! 

インターナショナルスクール
選び方

●Our Services  サービス内容

早いうちから国際感覚を身に付ける 
中学卒業後の進路を見据えて留学を考えよう

マレーシアには約100校のインターナショナルスクールが点在しています。その中でも一番多いのがイギリス式のインターナショナルスクール、人気校から現地スタイルの学校まで様々で、選択肢も多くあります。英語力ゼロでも受け入れOKな学校からウエイテイングのかかっている人気校まで、入学の難易度も様々です。

9歳からの学生寮での受け入れも充実しているので、早期の留学も可能です。また留学生の受け入れにも積極的で、英語サポートのシステムも充実が充実しているので条件付き入学もスムーズです。

教育レベルも高く、費用をぐんと抑えて、留学出来る!

マレーシアのインターナショナルスクールで、早期教育と留学を実現してみませんか?!

大学の教室

​インタナショナルスクールを選ぶチェックポイント

その1 学校のカリキュラムを把握する

イギリス系のカリキュラムを採用した学校が一番多く、またその他では、アメリカ系、オーストラリア系、カナダ系、ローカル系と学校によって様々です。将来の進学先も十分考慮して学校を選ぶ事をお勧めします。

​インター校のカリキュラムはこちら→

学校供給

その2 学費の目安/上限を決める

マレーシアのインターナショナルスクールは、学費の開きがかなり大きく(30万円~250万円/年間)、目安としては、日本の私立校へ通うのと同等又はそれ以上です。(名門校を除く)また授業料に加え、クラブ参加費用、施設使用料など、その他の費用がかかることもあります。

電卓と男性

その3 学年と学校のシステムを把握する 

小学校1年生が「Year 1~2」、高校卒業時点で「Year 11/13」、高校卒業資格として、IGCSEやO-Levelなどを取得します。その後1~2年かけて、大学準備コースのIBやA-Levelを取得し、大学へ進学します。どの卒業資格を取得すると大学へ進学し易いのか中学生位から考慮して入学しましょう! 

理系の学生

その4 留学の時期と年齢決める 

学校のカリキュラムにより、2学期制、3学期制と異なります。

1学期目の始まりは、大体8月又は9月になります。

お子様が留学するベストなタイミングは、「小学校低学年の内」「小学校卒業後から中学2年生位まで」「中学卒業後」です。年齢/学年が上がるごとに入学は難しくなる傾向にあります。

学校の廊下

その5 入学の条件を確認する

事前の成績証明等の書類審査及び入学試験の受験が必須です。入学試験はかなりの高い英語力が求められます。 日本人学生の多くは、英語サポートのある、条件付入学が可能なスクールへ入学するケースが必然的に多くなります。

図書館での読書

その6 留学中の滞在先を決める  

お子様がお一人で留学される場合、学生寮完備のボーデイングスクール。またはボーデイングがない場合は学校登録があるホームステイ先が一般的な滞在先となります。

アパート

● Curriculum   カリキュラム ●