top of page
多様性の学生

マレーシア大学留学センター

DSC09471.JPG

01

マレーシアの大学について

こんな方へお勧め!

  • なるべく留学費用を節約したい

  • 2ヵ国留学をしたい(アメリカやイギリスの大学へ)

  • イギリスやオーストラリアの大学の学位を取得したい

  • ミックス・ナショナリテイ(様々な人種)の中で学びたい

  • 日本人留学生の少ない環境で留学したい

  • 専門性高め効率よく学びたい

大学生

 授業は全て英語で行われる!

 

 

マレーシアの私立大学では英語で授業が行われ、海外からの留学生を積極的に受け入れています。そのためマレーシアの大学を卒業した人は英語のスピーキングはもちろん読み書きができるのが普通です。多種多彩な学部があり、日本人でも比較的容易にマレーシアの大学へ入学することができます。また大学によってはアメリカやイギリスの大学と提携し、編入制度も充実しているため、マレーシアの大学に入学し、その後欧米の大学へ編入・卒業することも可能です。

 世界中から学生が集まる!

 

マレーシアは多民族国家です。言語・宗教・文化がうまく入り混じり、差別などなく融合している国です。世界150ヶ国以上から留学生が集まっている事からもマレーシアがグローバル社会である事がよく分かります。あなたがマレーシアに大学留学すれば、生まれ育った環境、価値観、文化、習慣が異なる多くの人と出会うはずです。今まで知らなかった価値観を知り、新しい人々とつながりを持つことは、視野を広げ、色々な可能性・選択肢に気が付くきっかけとなるでしょう。

 日本人留学生が少ない!

 

マレーシアの大学は欧米などの国よりも日本人が留学生が少なく、必然的に英語を話さざるを得ない環境に身を置くことになります。マレーシアはマレー系・中華系・インド系・先住民族などから構成される多民族国家です。公用語としてのマレー語、英語が使われており、独立前はイギリスの植民地だったことから多くの人が英語を話しています。日常生活の中でも英語に触れる機会がとても多い国なのです。

大学によっては第二外国語がカリキュラムに含まれる場合もあり、中国語や中国語に触れることもできます。そのため日本語・英語・中国語の話せるトライリンガルになれる可能性が十分にあります。

欧米各国、中国、韓国、台湾といった国はポピュラーな留学先は日本人も多く、心強い反面、留学先で日本人だけで固まってしまい「いつも日本語でしゃべっていた」というようなことも起こりがちですが、その点マレーシアではそうならない環境が揃っています。

カジュアルなミーティング
マレーシアの大学について
図書館で

02

留学費用を抑えるコツ

マレーシアの大学は、年間の学費60万円~、生活費50万円~と、リーズナブルに海外留学を実現することが出来ます。日本の私立大学へ進学すると、学費及び生活費を含めると、最低でも年間150万円以上、欧米の大学へ留学すると年間400万以上掛かるのではないでしょうか。

マレーシアの大学は学費の心配することなく留学することが可能になります。

机

各国・年間留学費用比較

各国大学留学費用比較.jpg
大学の教室

03

返済不要の奨学金制度を利用する

マレーシアの大学が推奨している奨学金は返済の必要がありません。以下の3つのパターンに分かれています。

  • 皆が平等に貰える奨学金

  • 人数限定で貰える奨学金

  • 高校の成績が良ければ良いほど割引率の良い奨学金を受けることができる

留学費用を抑えるコツ
返済不要奨学金

今だけ限定!無料・合格診断!

現在高校3年生、もしくは既に高校を卒業していらしゃる方を対象に、マレーシアの大学に進学可能かどうかの仮の合格診断をいたします。

学部を絞る
成績証明提出

無料診断

通常28,000円→0円

無料診断を受けるには、以下より公式ラインへお友達申請及びメッセージをお送り下さい。
公式ライン名:​英語教育&留学のバンビス・マレーシア

合格診断

04

ツイニングプログラムとは

ツイニングプログラムとはマレーシアの大学を経て欧米の提携大学に転学や単位交換を可能にする制度です。マレーシアの大学でイギリスのA大学/オーストラリアのB大学などの単位を取得し、マレーシアにいながらそれらの大学の卒業資格を取得します。入学したマレーシアの大学の卒業にはなりません。

入学したマレーシアの大学の卒業にはなりません。

卒業の日
ツイニングプログラム

2ヵ国留学を実現

マレーシアを経て、3年間又は4年間の大学留学期間を2ヵ国で体験することが出来る、一石二鳥のシステムです。

「ツイニングプログラム」というシステムでは、前半をマレーシア、後半をイギリスやオーストラリアの大学で勉強することで海外大学の学位が取得できます。イギリスやオーストラリアの大学は通常3年制をとっており、「マレーシアでの履修年数+イギリス、オーストラリアの大学での履修年数」という表現で、それぞれの国で勉強する年数を表します。マレーシアで2年、最後の1年をイギリスやオーストラリアの提携校で勉強する「2+1」、全期間をマレーシアで履修できる場合は「3+0」といった具合です。

「デュアルディグリープログラム」は、マレーシアの大学で履修するだけで海外の大学の学位も取得できる制度です。2年次、3年次よりイギリスやオーストラリアの本校で学ぶことによりマレーシアで1年/2年、残りを本国で、と2ヵ国で就学することが可能となります。

「米国大学編入制度」(ADP=American Degree Transfer Programme)という制度では、前半2年をマレーシア、後半2年をアメリカ、カナダなどの大学で学習する(2+2)ことにより各国大学の学位を取得できるシステムです。これらを利用すればマレーシアの安い生活費や授業料を活用してローコストで先進国の大学を卒業することができます。

2カ国留学

お勧めの大学と学部

アジアパシフィック大学(APU)

APU:Asia Pacific University of Technology & Innovationは、1993年に設立されたマレーシアの私立大学です。中でもIT産業を担う人材を育成するために設立された理系学部の評判が非常に高いです。高度な技術を身につけるのはもちろんのこと、マレーシア独特の「多文化社会」も体験でき、世界で活躍するための技法を身につけることができます。またマレーシアでは初めて体系的に学べるeスポーツアカデミーも開講されました。学生の6割が留学生、世界中から優秀な理系の生徒が集まっていて非常に国際的なキャンパスです。

お勧めの学部

エンジニア、IT系全般
国際ビジネス

お勧めの学部

ビジネス全般
心理学
観光科、ホスピタリテイ

ヘルプ大学

 

経営学部・心理学など文系中心の総合大学で、学生数は約11,000人。大教室の授業もありますが、少人数制の授業が多くきめ細かな指導が行われています。教育において評価の高い大学でありながら、学費は他の私立大学より格安なことで知られています。これまで学生が学ぶキャンパスは、メインキャンパスと、芸術・技術(IT系)カレッジのあるスンガイベシのキャンパスに分かれていました。これらに加え2016年には13,000人の学生を収容できる新キャンパスが、郊外のスバンにオープンし、現在はキャンパスが3つとなっています。

INTI大学

 

INTIインターナショナル大学(INTI International University & Colleges)は、2021年より中国、四川省にあるHope Educationグループ(教育機関)に所属するマレーシアの名門大学です。(2020年までは米国・ローリエイト国際大学連盟加盟校)マレーシア国内に5つのキャンパスを持つ大学です。キャンパスごとに開校されているプログラムが異なります。

米国、英国、オーストラリアの各大学と提携、米国の大学は2~3年次へ編入(トランスファー)できるプログラムが充実しています。マレーシアの大学を経て2ヵ国留学を目指す方には大変おすすめの大学となります。

INTIインターナショナル大学は、マレーシアの多くの大学が持つ同様のカリキュラム、AUP(アメリカ大学編入プログラム:American Degree Transfer Program)が最も充実しており、アメリカの受入校の数が非常に充実しているのが特長です。

お勧めの学部

ビジネス全般
マスコミ学科
アメリカ大学トランスファー

テイラーズ大学

 

テイラーズ大学はマレーシアと東南アジアで第1位となった私立大学でありQS世界大学ランキングにおいても379位にランキングされ、アジアの全ての私立大学の中では14位と高い順位にランキングされています。ホスピタリティー学部では、マレーシアで初めて世界大学ランキングにランクイン(14位:2019年度)しました。多彩な学習オプション、世界中の主要大学とのパートナーシップ、各業界との強力な繋がりを持ち、最新の施設や設備の整ったキャンパスなど、学生に優れたサービスを提供しています。

お勧めの学部

ホスピタリテイ、観光科
ビジネス全般
お勧めの大学と学部
kdu.jpeg