top of page

●What's New! 新着記事

マレーシアのあるある日常生活・トラブル10倍!

気候も良くて、現地の人たちもやさしくて、食事が美味しくて、安価に暮らすことができて...

そんなパラダイスの様な生活を実現できるマレーシアでの生活。お仕事で又は教育移住者などなど日本人の方々がマレーシアに多く住んでいらっしゃいます。ただし、そんな生活を手に入れるも、ここは東南アジア、生活様式も人々の考え方も180度違います。


生活してみると、日々の小さなトラブルが多く、なかなか一筋縄にはいかない、気が付いたらすご~く時間を取られてしまっているなんてことはありませんか?!例えばお家の水回りや電気回りは日本の10倍位トラブルが多いのではないでしょうか?!


ここにほんの一部ですが、私の経験も踏まえて日々のトラブルを紹介してみたいと思います。


建物の上の階、騒音に対する苦情

これは↓弊社のオフィスの一部、先日上の階の騒音(正確には隣の上の階)と振動で天井ライトのカバーが落ちてきてしまいました💦

ここ何年も上の階の騒音と振動には悩まされていたのですが、なぜいつもバンバンドンドン激しい音がするのかなぁと思っていたら、なんと、タイのムエタイボクシングジムで...お仕事帰りの人たちがストレス発散?!リングの上でドタバタ、サンドボックスをキックXキックしていたのでした💦


最初の頃は取り合えず、このジムの様子を外から見ていたのですが、少々厳つい方が多く、みなさん真剣にトレーニングに励まれていたので、怖くて苦情が言えずに後ずさり...


騒音は1日の内の2、3時間程度で、朝から常にうるさいわけではではない為、2年以上もの間苦情を言わないで我慢していました。そうこうしているうちに、ある祝日の日のこと、我がオフィスに行ってみると、上の階のドンドンバンバンという振動と共に、1m以上ある天井ライトの1つのカバーがカラーンと落ちて来たではないですか!!!もしも頭に落ちてきたらと思うとぞっとします。そしてそれだけではなく、もう一つあったライトが振動がおきる度にチカチカして、まるでホラーハウスの様になってしまいました。


さて、こう言う場合、苦情するにはどうしたら良いのか?!

1、直接上の階のオーナー/テナントさんと交渉する

2、自分達のオフィスのオーナーさんにお願いする

3、マネージメントオフィス(管理会社)へ苦情レポートを提出する

4、上の階のオーナーさんの知り合いに苦情を伝えてもらう


策としては、この4つが考えられるかと思います。

先ずは1~3までチャレンジしてみました。

1の時は自分のジムではなく隣の隣のジムからの騒音だ!とオーナー側が主張💦

隣の隣にもジムがあるの?!知らなかった...💦

あなたのせいではなく、うちのスタッフの人命がかかっているので、もうワンレイヤー、クッションになる様なマットを敷き詰めてくれれば解決なのでは?!とオーナーさんへ提案したのですが。自分達は悪くない、の一点張り、そもそも人のせいにするマッチョなので、人としてNG。

2はオーナーさんが3に連絡するので、アクションが遅い💦

4は最終手段ですが、上の階のオーナーさんの知り合い伝いに苦情を言って貰う。

これが一番良く利きそうなのですが、運よく、日々沢山のローカルに助けてもらっている中、知り合いを見つけることが出来たので、解決できるかな?!というところですが...


まだ解決までには少し時間がかかりそうです。マレーシアのあるある、ご近所さんへの騒音、苦情&トラブルの解決方でした。


水回りのトラブル

さて、次は水回りのトラブルの一例を紹介していきます。


ある日曜日の夜、突然滝の様にシャワールームの天井から水が漏れが!!!


日曜日なので管理事務所も閉まっており、水道屋さんもお休みで、どうしたら良い???


とっさに取った行動は、ユニットの外にある水道メーターの所に全ての水道を止める元栓があり、それを止める事でした。が、しかし止めてもプチ洪水は止まらない...守衛さんとセキュリテイにお願いしても分かるはずもなく、その日はプチ洪水の中滝のメロデイと共に就寝。


マレーシアに来たばかり、数ヵ月目の出来事でした💦


翌朝、慌てて水道屋さんに電話するも、結局来てくれた時にはもうお昼過ぎでした。12時間以上滝の様な水漏れをしていたせいか、壁に水がどんどん染みてきて、壁が崩壊するのでは、とドキドキしたのを覚えています。


滝の原因はなっだったのか??

上の階からなのか、シャワーの温水タンクの故障だったのか?

今では忘れてしまいましたが。


コンドミニアム自体は築浅で、お部屋はとても広々としたペントハウス、天井高4メートル近くのお部屋の高層階から下界を眺め、一見ラグジュアリーな生活をエンジョイしているかの様に錯覚してしまいますが、このお部屋では水漏れの洗礼?!だけではなくまだまだトラブルは続くのでした。


その他、トイレの水漏れ、トイレを流すバーが突然外れた、新品のシャワーヘッドが折れた、シンクの水が流れない、エアコンから水がボトボト、バケツを下において水受けにしていた、などなど数えきれない程水回りトラブルが上げられます。


トイレ、バスルームはスタンダードで1つのユニットに2~4個付いている(間取りにもよる)ので、1つが水漏れをしても、もう一つのを使えば良いので代用がきくのですが。それを直してくれる水道屋さんも約束通り来てくれるとは限りません。


どんなに見た目が良くても、豪華な所に住んでも、新築物件に住んでも、水漏れが起こる時は起こります。


電気関係のトラブル

次は、電気関係のトラブルを見て行きましょう。


最近の新しく出来たコンドミニアムはキッチンやオーブン、電子レンジ、エアコンなど既にビルトインな所もあり、見た目も良く、便利な作りになっています。


そのキッチンは冷蔵庫まで全てビルトインで統一されたインテリア、ステキな作りになっていました。ターキー🦃が丸ごと焼けそうな大きなオーブンも付いていて、さて何か焼いてみようかな?!具材をセットして、さあオーブンスイッチオン!


あれっ、ランプも火も付かないな??おかしいなぁ、ブレーカーが落ちているのかな??

いやそんな事はない...色々と試したのですが、分からずオーナーさんに電気屋さんを手配してもらう事2回、その2回とも電気屋さんが【原因が分からない】とお手上げ。そして3回目は自分で電気屋さんを手配。3回目でやっとオーブンのON OFFボタンがONになりました👏👏👏

さて、なにを焼いてみようかな~?!

...そして喜んだのもつかの間、オーブンをONにすると2、3分で家のブレーカーが全て落ちてしまう。それを何回も繰り返し、最後はこのユニット自体の電気回線が、そもそもこのビルトインのオーブンに対応していない、という結論に至りました。


この大きなオーブンは飾り?!

そう、そこに住んだ3年間は、オーブンはインテリアと化してしまい、結局そんなに頻繁にオーブンを使う方ではなかったので、ナシのまま暮らしました。結構頑張って直そうをした割にはオーブン無しの生活でもそんなに苦にならず、結果オーライ!


その他、コンドミニアムのお部屋にはスポットライト的なライトを使用している事が多く、結構数も沢山ついています。中には、そもそもそのライトが最初から壊れている、元の電気回路が悪く使えないなどという事もよくあります。電気の線が余って、天井からピロピロとむき出しになっているユニットも良く見かけます。


ただ、マレーシアは停電をする事は殆どなく、暑い国なので、ファンやエアコンを多く使いますし、その点は暮らしやすいと言えます。


デジタル化と言えばマレーシアは日本よりも進んでいると思いますが、こういった電気関係や家の水回り、工事関係のレベルは残念な場合が多い、そして完全に直しきらないのか、その場しのぎの修理なのか...何度でも同じ個所が壊れます。


マレーシアの日常生活のあるある、生活の小さなトラブル編、いかがでしたでしょうか?


トラブルといっても命にかかわる様なトラブルではないので、緊急性の要さないものは気長に待つ、イライラしない、怒らない、忍耐と我慢!


Take it easy!


そんな気持ちがあれば、マレーシア生活はパラダイスです!


それでは、本日も読んで下さってありがとうございました✨


公式アカウントでは運気アップ!1日1分英会話、お得な情報を発信しています。こちら⇒


バンビスクラブ・オンライン学習サポートのお問い合せはこちら

BAMBIS(株)

TEL; (60)-174852177 (WhatsApp) / (60)4-89000396

メール:bambis.edu@gmail.com

バンビスクラブ:https://www.global-education-community.com/

マレーシア留学:https://www.olc-international.com/

マレーシア大学留学センター:https://sugiyama-global-lab.com/

Commentaires


bottom of page